知らなかった!結婚指輪にまつわるウソホント

結婚指輪にまつわる歴史について

現代では習慣になっているマリッジリングではありますが、結婚指輪にまつわる話として、築いてきた歴史を理解することも重要になります。 結婚指輪の歴史は、9世紀のローマに達するまで遡ることになります。ローマ教皇ニコラウス一世によりまして、誓いの印という形で指輪を利用するようになりました。 リングに関しては、途切れない永久の絆を意味しています。 さらに、左の薬指にはめることも意味合いを持っています。 心臓より繋がっている左手の薬指に対してリングをはめることを通して永久の愛を表しています。 マリッジリングの慣習がスタートしたころは、男性より女性に金の指輪を贈り、女性より鉄の指輪を贈っていたとのことです。 今現在の日本においては、結婚指輪、婚約指輪共にプラチナを利用することが流行っています。 永久に変化しない愛を誓う部分より、材料も長期に亘って酸化並びに変色を生じさせない金やプラチナが好まれるようになっています。

結婚指輪が持つ本当の意味

結婚式において永久の愛を誓って、指輪を交換する事はよく知られている習慣ですが、 今の時代は、習慣も形だけになり、築いてきた歴史と伝統の伝承が分かってる人も少なくなっています。 逆にいえば、二人の中で自由自在に指輪を選択できる状況になっています。 指輪の形状や材料、金額などの決まりはありません。 婚約指輪は30万円それから、結婚指輪は20万円ということが相場になりますが、この通りに買い入れる必要性はありません。 材料や宝石に関してもプラチナ及びダイヤモンドという取り合わせにこだわることは必要ありません。 二人が受け入れていれば、かりにシルバーリングでも良いでしょう。 気持ちを指輪に込めて、指輪の持つ意味合にするのが、本当の意味の結婚指輪といえます。

結婚指輪を銀座で購入すると上質なダイヤが簡単に手に入ります。しかも、予算によって種類を選ぶことができるので、高額になることはありません。