予算?デザイン?結婚指輪を選ぶ決め手とは?

無理のない値段内で選ぼう

結婚した日からずっとはめることになる結婚指輪ですから、後悔しないように選びたいですよね。ブランドや素材などを基準にするのもいいですが、まずは予算を決めてからじっくり選んだ方がいいでしょう。結婚は式場やドレス、ハネムーン代など様々な名目でお金がかかるので、自分たちに無理のない範囲で選ぶことが大事です。結婚指輪は10万円台の価格が設定されているものが大半なので、これくらいの値段のものから購入するようにしておけば、周囲に比べて安すぎるということはありません。百貨店のブライダルサロンや式場と提携しているジュエリーショップで購入するとキャンペーン価格が適用されるので、これをうまく活用することで出費を抑えられますね。

毎日はめるからこそ重視したいこと

毎日指にはめる人も多い結婚指輪は、デザインを重視して選ぶカップルが多い傾向が見られます。ダイヤの数や配置、指輪のカーブや幅の太さなど、様々なデザインのバリエーションがあり、どれも魅力的なので指輪探しって意外と大変ですよね。どのようなデザインが好みなのかで最適な選択肢が異なりますが、婚約指輪を眠ったままにしたくない人は重ね付け前提のデザインの指輪を選ぶのがおすすめ。素朴で温かみのある雰囲気の指輪がいいなら、伝統的なモチーフのレリーフが彫られているハワイアンジュエリーもいいですよね。注文する際に自分達の要望を伝えることで、オリジナリティの高い結婚指輪を作れるメリットもあります。ジュエリー工房で二人で手作りするのも一つの方法ですね。

ブライダルリングとは結婚を行う際に用意する指輪のことであり、結婚指輪及び婚約指輪の両方のことを表します。